10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

生駒山系トレイルラン-2 

いよいよ出発


グループごとに集まった後、ゆっくりと歩き出した。
幸いをっさんのグループは最後尾の出発で少しホッとした。
おそらく決められたグループで纏まって最後まで行動するんだろうと思った。


なにしろをっさん初めてなので、右も左も分からない。
迷惑をかけないように、最後尾のグループの中でさらに最後尾をついて走る。

1kmも走るとすでにグループはバラバラになっていた。
ん?なんで、走力別じゃなかったの?
まぁ、そんな事はどうでもいい。
をっさんは、この人達のお荷物にならないように離されずに付いていくだけだから...


DSC_0406_convert_20130819160047.jpg
DSC_0407_convert_20130819160118.jpg


気分良く走っていたが、先頭とはかなり距離が開いてる感じがしてきた。
DSC_0408_convert_20130819155209.jpg
さっきまで連なっていたのに、をっさんの前には3人しかいない。
心配になったがまだ大丈夫だろう。
なぜなら、をっさんのすぐ前を走っているブルーのザックの人は、11週連続ウルトラ完走の人だから。

よし、決めた!
今日はこの人に離されないように付いて行こう!
(この時点でをっさん最後尾)


3kmほど走ったあたりだろうか、先頭の人たちは休憩していた。
どれくらい待っていたか分かりませんが、最後尾のをっさんが到着したらすぐに走り出した。

え? をっさん達の休憩は?


どうやら無いようだ。
休憩していたのではなく、分岐点のため道を間違えないように待っていただけだった。



これはヤバイかも...

今日は入門ペースって言ってたんだけどなぁ...

現実にはグループは分解状態、最後尾には息つく時間もない。
この調子だと最悪なら、昼食までは休憩出来ずに走り続けなければならないと思った。


ここで目標変更、集団の真ん中あたりで走ろうと。
そしたら少しは休憩できるだろう。


ここまでのをっさんの状態はと言うと、しんどいわけでも無く、かと言って物足らないわけでも無く、
まぁまぁエエ感じのペースだったんですが、でも、休憩しているのを見ると自分も休憩したいじゃないですか。


で、再スタート後は真ん中あたりで走らせてもらった。
次の目標を決めようと、自分に合いそうな走りかたの人を探す。

いました、女性ですが、
フルマラソンを常に3時間15分前後で走る人。
真後ろに付いて走って気持ち悪がられてもアレなんで、斜めに位置取りをして走る。
けど、山道なので幅が狭くなると真後ろ。
するとすごいものを見てしまった。
なんとその女性の脚がえらい事になっていました…

その人はランスカだったと思うんですが、その下に3/4のコンプレッションタイツを履いていたので、
脹脛だけは肌が露出していました。
脚は全体にほっそりとされていて、いかにもランナーって感じの脚。

足首も細く、脹脛も締まった感じなんですが、でも脹脛の筋肉が異様に発達していた。
まるで野球の硬球が埋め込まれているかのような硬そうな感じ。
筋肉が動くと今にも皮を突き破りそうな…
でも決して太いわけではなく、格好いい脚なんです。

なるほど、フルを常に3時間チョットで走る人の脚ってこんなんなんだぁ...
それに比べるとをっさんのは今ひとつ締りがないかな?
なんて考えながら走っていた。


そうこうしているうちに次のポイントに着きました。
DSC_0409_convert_20130819160145.jpg
これ何だと思いますか?


たしかロッククライミングみたいに、下から自力でよじ登っていくんですって。
すごく大きかったなぁ。

ここで10分ほど休憩できましたが、最後尾の人は5分ほどだった。
やっぱり正解だ、最後尾だけは逃れなければ...



そして再スタート、
この日一番の見所「星のブランコ」へ向かって登っていきます。

すぐに到着した。
DSC_0410_convert_20130819160207.jpg
見ての通り吊り橋で、延長280m、最高地上高50mだそうです。
歩いて渡るだけでもかなり揺れる。
当然ながらRUN禁止だそうです。

橋を渡りきるとゆるい上りを走ります。
そして2つ目の見所
DSC_0412_convert_20130819160228.jpg
さっき渡った吊り橋です。
写真では分かりにくいですが、実際はすごく爽快でした。




ここで残念なお知らせがあります。

写真のアップはこれでオシマイです。
この後は、写真を撮る余裕など無かったからです。
詳しく申しますと、時間的な余裕はありましたが、精神的な余裕がありませんでした。




そしてこの景色を見て喜ばされたのもつかの間
今度は信じられない言葉①を耳にした。

「ここで今日一番の追い込みをしたいと思います。
 そこの坂を下っていき、一番下まで着いたら一旦待ちます。
 そしてまた登ってきてここで集合です。」

ん?何だって? 追い込み? また登る?
とらえようによっては半分競争みたいじゃないか?

それより追い込みってどう言う事なのか?
今日は入門ペースって言ってたんじゃないの~?って思ってたのはどうやらをっさんだけだったみたい。


仕方ないので着いていく。
ここは絶対真ん中キープで、最後尾だけは避けたい。
なんなら少しでも前で走りたいって思った。

最初の下り、だんだん急になっていき、しまいには急階段になってきた。
そこを先頭の人たちは降りるんではなく、落ちるような感じで下っていった。
をっさんも必死に着いていこうとするが、差は開くばかり。
一歩でも踏み外すと絶対捻挫間違いなしの状況。ランニングシューズのせいか
若干滑る気もしないでもない。
幸い後からの突き上げは無かったので、精神的には追い込まれなかった。

かなり下ってきたけど一向に終わらない...
こんだけ下ったって事は、そんだけ登らないとあかんって事。

コワイ、コワスギルよこの集団。
をっさんこんなの求めて応募したんじゃないのに...なんて半べそかきながら着いて行くしかなかった。


ところがいきなり先頭がストップした。
何があったんだろうと様子をみてみると、どうやら道にロープが張っている。
そこには、この先スズメバチ 通行禁止 みたにな事が書かれていた。

そして信じられない言葉②
「引き返しま~す」

良かったのか悪かったのか、来た道を引き返すことになった。
しかし今来た道ってすごい急坂&急階段で、それを登ると思うと心がポッキリ折れてしまいそうだった。
いくら登っても終わりが見えない。下りでかなり脚を使い切っていたので売り切れ寸前。
途中で止まりたいが、後が閊えるのでそれも無理。
泣く泣く脚を動かすしかなかった。

今思うとここが一番苦しかった。

まるで部活

まるで刑罰

まるで軍隊

なんなんだよ~、こんなつもりじゃなかったのに~
もっとゆるい感じのトレランじゃないのかよ~

心の中ではそう叫んでいたけど、反面 もしかしてコレおいしいかも、
ブログねたにいいかもなんて思ったりもしていた。



ようやく元の位置まで戻りひとまず休憩。
主催者から一言
「今ぐらいの急な坂や階段をスピード出して登れれば中級レベル相当」

絶対無理!
普通に登るだけでも相当キツイのに、スピードって...
じゃぁ、上級ってのは走って登るのか?
まぁどうでもいいや、上級なんて縁のない世界だし。


休憩後、今度は下りが多くなるので気持ち良く走れると言っていた。
さすがに上りより気持ちがいいけど、皆さん下りがめちゃくちゃ速い。
をっさん7~8番手キープするのが精一杯だ。
気持ちいいはずが若干気持ち悪く感じたのは気のせいだったのか...


下りきった所で小休止し、昼休憩するコンビにまでランニング。
ここでやっと中間点。
この時点でをっさんの状態は 脚7割方使用済み残り3、水分補給1リットル、精神的余裕度は限りなく0に近い


さて後半、をっさんは持ちこたえることが出来るのか?

つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

[edit]

« 生駒山系トレイルラン-3  |  生駒山系トレイルラン-1 »

コメント

トレランってしたこと有りませんが、いけてるのんと違いますのん?


しかし、スズメバチの為に引き返せてよかったと思ってしまいます


もっともっと下ってたら少々、休憩があっても…(笑)


後半が楽しみです(^.^)

ちょーみん #5lDNG.oQ | URL | 2013/08/20 21:19 * edit *

続きが楽しみです♪

おみつ #- | URL | 2013/08/20 21:38 * edit *

。゚(゚^Д^゚)゚。あははっ 読みながら骨皮さんの心の声にPCの前で笑ってしまったww
トレランのイメージが変わりました。
私の頭がお花畑だったのだな~。綺麗な景色を眺めながら、疲労感がありながらも自然と笑顔が溢れちゃうみたいなの、無しですねww

「星のブランコ」すごいですね~本物怖くて渡れないかも…
まさかスズメバチに助けられるとは。感謝の気持ちをこれからも忘れずに!?

この回で終わるの寂しいな~と思っていたので、話が続いて嬉しかったです。
(∩´∀`)∩ワーイ

イケネコ #- | URL | 2013/08/21 13:11 * edit *

ちょーみんさん
ありがとうございます。

いけてるんですかね~?
前を走る人達は余裕ありな感じでしたが、私結構必死でしたので...

骨皮筋右衛門 #- | URL | 2013/08/21 16:04 * edit *

おみつさん
ありがとうございます。

くだらないブログですがご訪問ありがとうございます。

骨皮筋右衛門 #- | URL | 2013/08/21 16:10 * edit *

イケネコさん
ありがとうございます。

私もびっくり、イメージしてたのとは真逆。ほとんどあっちの世界でした。
星のブランコは気持ちよかったですよ。結構頑丈につくられてます。

スズメバチは良かったのか悪かったのか、今度ハチのいない時期に
挑戦したいと思います。

骨皮筋右衛門 #- | URL | 2013/08/21 16:21 * edit *

凄いスゴイi-234 
何やかんや言いながら付いて行ってるだけじゃないやないですか?
他の人はみんな余裕があるように見えんのとちゃいますか?笑

後半が楽しみですi-185

さくら #G91RSZjw | URL | 2013/08/21 16:54 * edit *

こ、これはスゴイ!!
メチャメチャ辛そう。。。
私なら、号泣レベルでしょう。
でも、これでかなり鍛えられそうですね!
しかし、橋は絶景ですね~。
めっちゃ、めちゃスーパーや~ん(笑)

shozy #- | URL | 2013/08/21 23:13 * edit *

生駒

初コメント失礼します!
10月に開催される、「生駒チャレンジ登山」に挑戦しようと
思っています。
ブログの更新、楽しみにしていますね。

もりもりサラダ #- | URL | 2013/08/22 10:51 * edit *

さくらさん
ありがとうございます。

ついて行くだけで精一杯で走ったことだけしか覚えてません(笑)
少なくとも私より前を走っていた人は、息の乱れがあまりありませんでした。
相当変な人達です、きっと。

骨皮筋右衛門 #- | URL | 2013/08/22 11:25 * edit *

shozyさん
ありがとうございます。

ゆるいトレランと思っていたので、スーパー辛かったです。
心の中では号泣でした。
吊り橋は良かったですよ、今度はゆる~く走りたいと思います。

骨皮筋右衛門 #- | URL | 2013/08/22 11:34 * edit *

もりもりサラダさん
ありがとうございます。

はじめましてです。
「生駒チャレンジ登山」に挑戦されるんですね。
そういえば今回、そのコースも含まれていると言ってました。
もしかして、もりもりサラダさんは相当アッチの人ではないでしょうか(笑)
頑張ってください。
今後ともよろしくお願いします。

骨皮筋右衛門 #- | URL | 2013/08/22 11:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rider0002.blog.fc2.com/tb.php/55-79f908ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。