10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

永遠の別れ 


しばらくお休みしてました...

またしばらく休むと思います。

現状、走れずにと言うか、走る気力がありません...
なので、次の予定のOTTYは保留状態であります。

もう少し気持ちの整理がつけば走ります。



この事を書き留めておこうか悩みましたが、自分の今の気持ちを忘れないために...





最愛の家族との別れ


ここから先、重い話なのでスルーしていただいても結構です




















5/12
14時過ぎ

最愛の家族のひとり、 父が永眠しました...

















ここ1年ほど入退院を繰り返し、1ヶ月ほど前から再度入院していました。
当日は朝から仕事の用事で和歌山県庁で申請、昼から大阪の交野警察へ申請に行っていた。

13時前に母から電話が有り、「父の様子がおかしいので、病院へ来れないか?」と。
まだ会社に帰って仕事が残っていたので、仕事が終わったらすぐ行くからと伝え電話を切った。


14時前、再び電話があり「今すぐ来れないか?」
会社での仕事は残っていたが、尋常ではない様子だったので会社へは戻らず、そのまま病院へ直行した。


しかし、残念ながら間に合わなかった...

幸い、母だけでも看取ることができただけでも良かった...



子供の頃、父は仕事が忙しく、どこかへ遊びに連れて行ってもらったという記憶があまり無かったが、家族のために一生懸命に働いてくれていたんだなと...
今、人の親になって気付かされる...

たまの休みの日に、キャッチボールをするのが嬉しくて、休みを心待ちにしていたのを今でも憶えています...


時間には厳しい人で、人と待ち合わせをする時は、「絶対に遅れるな、遅くても15分前には到着しておけ!」
なんてよく言われたもんです。

また、負ける喧嘩はするなと。
喧嘩と言っても殴り合いの喧嘩ではなく、「自分に非が無く筋道が通っているのなら、とことんやったらええんや!」
ともよく言っていたな...


他人には優しく自分や家族には厳しい性格ではありましたが、そのおかげで今の自分があるように思います。






親を見て年老いたなぁと感じる事はありますが、まさか自分の親が亡くなるなんて想像も出来なかった...

だから、いつかは父の葬儀をするんだろうけど、自分は泣くことは無いだろうと思っていた。
でも、ボロボロ泣いた...

参列頂いた方々が焼香しているのを見ていると涙が溢れ出し、
お礼の挨拶文を読む時も、父の人となりの箇所では、泣けて泣けて 声が震えたり、途中で数秒読むことが出来なかったり...

親の偉大さを思い知らされた...




もっと、ああしてあげれば良かった、こうしてあげれば良かったと、今更ながら後悔してしまいますが、
それも後の祭りで今となってはどうしようもありません...
不出来な息子を許してください...
残された母には、出来るだけ親孝行をすることが父への償いだと感じています...





親父、本当に長い間お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。




スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。