10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

思うように走れない時もあったり... 


土曜日、仕事前に走ってみたものの全然ダメだった。


家から大阪城まで約8kmのうち5kmを後ろ手RUNでゆっくりと。

後ろ手をやめ、そのまま5kmの周回コースを2周半。
途中で甲冑を着た真田幸村がゴミ拾いをしてまして、写真撮りたかったんだけど
この日はなるべく止まらずに走ろうって思ってたからスルー。

帰りの8kmもそのままの勢いで走りたかったけど、周回2周半を終わったところで心が折れてしまいストップした。
自販機でジュースを飲んで、トボトボ歩いたりベンチに腰かけて休んだりすること30分。

重い腰をあげ、ようやく走り出すも辛いとしか感じず、もちろんペースのほうも輪を掛けてますますゆっくり。
だいたいキロ730くらい(泣)

帰路は信号があるたびに「赤になれ~!」と祈るし、
姑息にも赤にタイミングをあわすようにますますペースを緩める始末...


久々に面白くない練習になりました...

こんな事をやってるようじゃフルなんか到底走れる気がしないな...


ある日突然走れるようにならんやろうか?
日々の練習が大事だと思いますが、夜勤があったり早朝出勤があったりで、体調管理が難しい。


でも頑張るしかないな。
次はきっと楽しく走れるでしょう!



いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

[edit]

目標に向かって走るも、人間としてダメ... 


例にもれずまだ走っていない。

明日も仕事ですが夕方からなので、午前中にでも走るとするか。

現場で肉体労働なんだけど、徹夜っぽい匂いがプンプンする...
ま、終わって家に帰れば即死だろうな...(笑)


さて、どこ走ろう?
山行きたいけど、怪我したらアカンからやっぱり街中か...
ゆっくりのんびりLSDっぽいことでもしようかな...




で、生駒のつづき

10分ほど休んで出発しようと立ち上がったのはよかったが、1歩目から急な上り階段。
マジですか?

5分もしないうちに息があがるわ、ケツが痛いわの大騒ぎ...
だけど上りきったところは、とても見晴らしのいい場所で大阪平野が一望だ。


後ろから外国人の男性がスイスイと追い抜いていったが、
少し先のところでコースがわからないらしく立ち止まってをっさんの顔をずっと見て指を「あっちか?こっちか?」と動かしていた。

をっさんもよくわからないけど、表示がないから真っ直ぐでしょって感じで指を1本にして
自信満々の表情で思いっきり前へ「おりゃ~!!」と突き出した。

あ、ウソです。
本当はチョンチョンって感じでハニカミながら キモッ(笑)


すると、あれよあれよという間に見えなくなってしまった。

もし間違っていたら一緒に心中だ。
どうか戻ってきませんようにと祈りながら後を追っかけた。


しばらく走っていても戻ってくる様子がなかったので正解の模様...




信貴生駒スカイラインと並走するコースがしばらく続くんですが、
道は細くウォークの人もいるから強引に抜くこともできないので、後ろについて歩いていると気を遣ってくれて
「お先にどうぞ!」とか「頑張ってください!」とか応援を頂いた。

「ありがとうございま~す。」とお礼を言って先に進ませてもらう場面がたくさんあった。



でもマナーの悪い人もいるのも現実。

「右から抜きま~す。」と声をかけるけども、狭いのでぶつかりそうになったり、びっくりされて倒れそうになる方たちもいた。
まだ声をかけて行く人はいい方で、無言で追い抜いて行く輩は危なっかしくて少し腹立たしくなった。



どの辺りかよく覚えてませんが、十三峠の手前くらいだったかな?
一人の女性が脹脛を押さえて座り込んでいました。

前を走るランナー達は気づいているのかいないのかわかりませんが、
ス~っと通り過ぎていく...
をっさんもつられて通り過ぎ、2~3mのところで、
あれ?なんか様子が変やな...と気づき引き返す。

 をっさん:「どうしました?」

 女性:「脹脛が攣ったみたいで動けないんです...」
     「伸ばしたほうがいいんですかね?」

をっさんは頭を過ぎった。
去年山で肉離れになった時、攣ったと思い何回も伸ばしてしまったけど、これは逆効果らしい。
なった瞬間は症状が似ているので、安易に伸ばせとは言えず。

 をっさん:「むやみに伸ばさないほうがいいですよ。」

 女性:「立てないんですよ~...」

背負っていたリュックをおろし
 をっさん:「とりあえずコレ(エアーサロンパス)あげるから、少し様子をみてください。」

と言って中途半端なお節介をして先を急いでしまった。



これ、今でも心残りしてますが、ちゃんと介抱してあげればよかったんじゃないかと......


もし言い訳が許されるなら、今回どうしても4時間切りがしたくてタイム的にも余裕が無かったから、
後からやってくるウォークの人に助けてもらえれば大丈夫かな?って思った。

でも、やっぱり引っかかる。
いくら急いでいるとはいえ、動けなくて困っているんだから人道的にはアカンわな。
今でも反省しております。
今度そういう場面になったら助ける、絶対の絶対!



後味の悪い感じで女性のことが気になりながらも黙々と走る。
公称32kmということですが、30kmくらいというのも耳にしていたので、タイム的に考えても微妙な感じ。

32kmなら残り5km4時間切れるか切れないかって感じ、30kmなら残り3km4時間切りはできる。
あ~どっちだろう?
どこかに残りの距離表示ないのかな~って、注意深く辺りを見ながら走ってみるものの、
どこにも書いてない。


すると前から一人のランナーが走ってくるのが見えた。
たぶんトレランを楽しんでいる方なんでしょうか、少し手前で立ち止まってくださって、
をっさんに道を譲ってくれるじゃありませんか。

するとその方は、
「残り2です、頑張ってください!」と。

2? 2と言うことはあと2kmってことか...
なら30kmやん、いける!いけるやん!!

すれ違う時に
「ありがとうございま~す。おおきに~!」ってお礼を言って、さぁラストスパートだ~。




と意気込んでみるも空元気、もう脚は売り切れており1kmも続かなかった(泣)


最後のほうで坂があるんだけど、走ることもできずほぼ歩き...

少しフラット気味になったところから、どうにかこうにか走ることができた。
緩いカーブを曲がると数十m先にゴール。


なんとか走りきる事ができました!

pa190619_convert_20141107082534.jpg

DSC_0944_convert_20141107082950.jpg

タイム
3時間49分15秒
DSC_0950_convert_20141107083648.jpg

なんとか目標達成できました。
順位は
トレラン男女484人中143位
トレラン男子422人中136位

来年も走ることができれば3時間30分を目標にしたいです。
そのためには上りをもう少し走れるようにすることと、最後の踏ん張りが肝心かな...



その後、
ケーブルに乗り、近鉄で八戸ノ里まで行き、そこから家までの約8kmを走って帰りましたが、
クタクタのボロボロで走っていても全然進まない。
キロ7分半~8分というペース。


ま、仕方ありませんわな。
帰宅後、風呂入って即死、ケツと大腿筋がピッキピキ(笑)


ろくに練習もしてない割にはよく走れたんじゃないかと思います。



あ、参加賞もらうの忘れてた(泣)

おわり。




いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





[edit]

辛い時にかぎって何でそうなるの? 


案の定、今月もまだ1歩も走ってないんですが、そんな事は気にしないで続きを...



その前に、持ち物リストで書き忘れていたものが2点。
 ・ロキソニン1錠
 ・エアサロンパス1缶

ま、そんな感じで置いてけぼりをくらいながら自分のペースで走っていき、上ったり下ったり、霊園の中を通ったりりで一旦一般道に出ていきます。

コース上唯一の信号がある所で、運良く?赤信号に引っ掛かったので呼吸を整え、水を飲んだり塩タブレットを口に放り込んだりして再び山へ突入する。

山と言っても園地なので低いんだけど...


そしてをっさんがたまに走る室池園地(最初のチェックポイント)へ近づいてきた。
4時間目標なら、単純計算でこのチェックポイントは1時間20分以内に到着しなければならない。


タイムは......

1時間14分


おぉ~...何とかクリアだ!
ここで最終目標は4時間切りを決意するものの、あと20kmもこのペースで走れるかと自分に問いかけても返事は無かった(笑)


あ、チェックポイントの写真撮るの忘れてた...
結構必死で余裕が無かったんで、このあと撮ったのは2番目のチェックポイントとゴール後の写真だけになります。



そして次は生駒山を目指して再出発。
気持ちの良いトレイルを走り抜け、またロードに出る。
歩道橋を渡り、面白くないロードを少し走ると再びトレイルへ入る。


山頂へ向かって走りますが、途中でウォークの人とトレランの人とはコースが分けられていました。
おそらくウォークの人はトレイルで、トレランの人はアスファルトの管理道。

おいおい!
それじゃトレランにならんがな!って思いましたが、ルールなので仕方なく走る...
いくら坂がきつくてもトレイル行きたかった...(泣)


をっさん的にはこの管理道が今回のコースで一番面白くなく一番辛いところでした。
何が辛いってアスファルトだし、おまけにヘビのようにグネグネグネグネと何回も曲がってるし、行けども行けども同じような道だった。
急な坂ではないから走れるんだけど、根性のないをっさんには堪らなく辛かった...


残念なことに、途中で心が折れ20~30mほど歩いてしまった(走れるところなのに)...



そしてその時、をっさんの中の小さいをっさんが異変を知らせてきやがった。

「親方!大変です。左の首が回りません!」

何?どうしたんだ?

「どうも筋違いのようです!」

もう少し様子をみよう...


するとだんだん痛みが治まってきて、また元通り走れると思っていたら、

「親方!今度は右の首が筋違いのようです!」

何?右側だと?

「こんどはかなり酷い痛みのようです、どうしますか?」


(そう言われてみればかなり痛い、そして若干の頭痛も感じる......走るのも少し影響が出てきたような。)


仕方ない、こんなところで使いたくはないが、ロキソニンを投入しろ!

「了解!」


程なくして痛みはとれてきました。

助かった...




上るだけ上ったら今度は下りなんですが、また上りの時と同じようなグネグネ道。
いったいどれだけ下るんだというぐらい下らされた。しかも急な坂。

こんな坂を、練習なのかガンガン上って走ってくる人が何人もいた... まさしくhentaiだ



そしてようやく2番目のチェックポイントの「なるかわ園地」(約22km)に到着した。
DSC_0941_convert_20141105171636.jpg

タイムは、
2時間39分(室池園地からは12km 1時間25分)


ここで10分程度小休止、ソイジョイ1本とエネルギージェル1つ投入しました。

残りは約8km、1時間10分以内で走れれば間に合います。
だけどだいぶん体力を消耗してきた感じがあります。
フルマラソンで例えるところの30km地点あたりでしょうか...



この後が楽しみです!

俺が言うなってか? 

つづく。


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。