07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

走ることのあれやこれや 

まいど
今日は普段のをっさんのように面白くないことですが...


昨日今日と久し振りに走った。
雨やママチャリレースなどがあったため、約1週間ぶりです。

びっくりしたのは、
朝の気温がメチャクチャ涼しいがな~!
1週間でこんなに変わるもんかいな?って感じでしたね。

もう秋がすぐそこだ。
歳を取ると1年がものごっついスピードで過ぎていきよる。
止めれるもんなら止めてほしい、なんなら逆行でもええんやけどな。



さて、今年の春先に膝が痛くなってから、走る時は必ず膝にキネシオテープを貼っていたけど、
昨日今日は貼らずに走ってみた。
なんか守られていたものが無くなるのは不安になります。


そうそう、をっさん最近いつも走る前にする事はと言うと、

まず、家の近くのグラウンドまでの途中に歩道橋があるので そこで

①階段を走りながら上って、走りながら下る(ダッシュではない)
②また階段を走りながら上る
③歩道橋の上で柔軟
④ランジウォーク20歩
⑤RUN開始

なんですが、前回トレランでシゴキを受けてから練習してみようって思ってた事がありました。
急斜面の下り方、鬼走り イヤ ポニー走りです。

ここの歩道橋は、階段の真ん中に自転車を押して上れるようにスロープ(かなり急)がついてまして、
そのスロープをポニー走りで下りて行くってこと。
まぁ、距離は20mくらいで短いんですけど、せっかく教えてもらったので忘れないように
日ごろから使っておかなければと思って。

なので①の下りと②③④のあとに入れていく。
これで結構UP代わりになってます。


そして恐る恐るスタート。
因みにスタートはポニー走りからです。(どうでもええわ)
膝が痛いわけではないし、違和感もないんですが様子を伺いながら...

1km、2km走っても大丈夫そう。

♪なんだか~ いけるような気がする~♪♪ 古っ!!

まぁ、そんな感じで昨日は11km、今日は8km走りましたが膝のほうは大丈夫だった。
これはLSDやトレランの効果があったって思い込みます。

なので普段の10km前後のRUNはキネシオテープ無しで決定!
でも、違和感出たら即貼ります。



で、もうひとつ
どなたのブログだったか忘れてしまいましたが、以前坂道を上る時は腰を上手に使えば
(振るように?前後に動かすように?だったかな)楽に上れるような事を書かれていたんですが、
それを平坦な道でもやってみれば、ず~~~~~っと楽なんじゃないかなぁって。

アホや、をっさん思考が単純すぎやで!

って言わないでど~か温かい目で見てやってください。


早速いろいろやってみましたが

たぶん左、右って前後に振る感じが良かったかな。
それなりに速く走れたし、身体も楽だったような感じだし。
でもフォーム的にはどうなのか、イマイチわかりませんが、もう少し長い距離で試してみないと...

あっ、忘れてた!
もしかしてそれ、気温が低くなって必然的に楽に走れるようになったから
速くなったんじゃないの?ってことかも...

それや~、絶対それやん。
いろんな方のブログ拝見してても、そんな感じの事書いてはるもんなぁ...
ガックリ...


もっと早く、クソ暑い時に気付いていれば確信が持てたのになぁ~
なんてタイミングがわるいんじゃ!


まぁ今はそんなにスピードを意識する気もないしそういうレベルでもないから
休みの日はLSD、普段もゆっくり走って、まずは、膝を強くすることを第一に。


さぁ、これからも楽しく走りまっせ~!




をっさんのアホさ加減に呆れた人も、応援のクリックお願いします。
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

にほんブログ村

スポンサーサイト

[edit]

ずぶ濡れになりながら、いい大人達が必死に競争 

まいど

8/25(日)をっさんは初めて自転車レースに出場した。

自転車レースと言ってもママチャリだ。
1台のママチャリをチームでつないで4時間走り通すというチョット変わったレース。
場所は鈴鹿ツインサーキットで、本格的なモーターレース用のコースです。

昔お世話になった先輩のお誘いで、おもしろそうなので仲間に入れてもらった。
メンバーはをっさんを含めて5人。

朝6時過ぎに集合し会場まで向かうが、途中雨が激しく降ったりして中止にならないか
心配だったけど、会場に着く頃には小降りになっていた。

会場に到着するとすでに大勢の人達が準備をしていた。
出場チーム数は忘れてしまいましたが、たぶん65くらい。



とりあえずマシン(ママチャリ)を車検に出し、着がえたりテント張ったりしていると
あっという間に時間がたった。
DSC_0467_convert_20130826145959.jpg


マシンをグリッドに配置しろというアナウンスが流れ、みんなで配置しに行く。
をっさん達は5番グリッド、なかなか良いポジションだ。
DSC_0469_convert_20130826150041.jpg


他のチームの様子を見てみると、自転車競技やってますみたいなチームや、仮装チーム、
家族チーム、普段運動なんかしてませんみたいなチームとか多種多様。



そしていよいよスタート!
なんだか楽しくなってきました。
DSC_0471_convert_20130826150108.jpg


最初は各自2周のノルマ(1周約2km)
1周目はコースを確認しながら走り、2周目は本気で走るようにと...


をっさんは3番手だが、すぐに順番がまわってきた。
ここぞとばかり全速力で突進(ろくにコース状況もわかってないのに)

スピードを出し過ぎていたため、ヘアピンでは大きく膨らみコースアウトしそうに...
そしてもう少しで近くに走っていた自転車とぶつかりそうになっが、うまく交わしてくれたので助かりました。

そこを抜ければ最終コーナーまでは結構なスピードで走れるが、最終コーナーを
抜ける手前からチョット坂になっている。

メインストレートに入りカッコイイところを見せようと、必死に漕ぐがスピードダウン。
いくら漕いでも速くならない。

もしかして、パンク?

タイヤを確認するが大丈夫そうだ。
気を取り直してまた漕ぐ... すると応援席から仲間の一人が、「そこ、上り坂や~ガンバレ~!」

DSC_0472_convert_20130826150132.jpg


どうりでスピードでないわけだ...

しかしそこをスイスイと追い抜いていく自転車もいる。
まるで平坦な所を走っているように...
明らかに自転車競技してますみたいなユニホームを着ているチームだ。
さすがにそういう人達には勝てません。

そうでないチームはぐんぐん遅れる。
コース一番の見せ所で、超カッコワルイ光景を披露することに。


そしてこの坂で脚を使い果たし2周目はヘロヘロになり、ボロボロになった頃にピットイン。


まぁ、こんな感じで走るんですが、慣れてくると4周ぐらいは走れるようになった。


ようやく半分の2時間が経過するころ、だんだん雨が強くなってきた。
コースを1周もしないうちに服やシューズはずぶ濡れ。
おまけに前を走る自転車の水しぶきがまとに顔を直撃する。

全身ボトボトになりながらも、みんな楽しそうだ。
もちろんをっさんも楽しい。

DSC_0474_convert_20130826150228.jpg



チームで目標に向かって何かをするってすばらしいと感じるひと時でした。



それにしても、いい歳した大人たちがこんな事を必死にやっているなんて
なんて幸せな国なんだろうって思った。


結果は17位でしたが、楽しい時間を過ごすことができました。

筋肉痛まではいきませんが、お尻に心地よい張りが感じられチョットした練習にはなったでしょう。
また次回、都合が合えば参加したいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

なんでこんな時にかぎって… 

まいど


先日の辛くて楽しかったトレラン終了後の話。

ヘロヘロで家に帰り、風呂を上がってから即死したをっさん。

夕飯を頂きくつろいでいると、嫁と娘から

「星空を見に若草山へ行きたいんだけど。」って。

「いいよ、で、いつ行く?」

「今日!」

「え?今日?今から?...お おぉん、じゃぁ行こか...」



いつも自分だけ好き勝手なことして楽しんでいるので、断るわけにはいかず、
快く?行くことにした。


でも、若草山って星空観察できるのかな?
あの山そんなに高くないんだけどなぁ...
山と言うより丘にちかいんだけど。

まぁ、行ってみないとわからないのでとりあえず車で出発。


若草山の近くまできたところでポツポツと小さい雨が降ったり止んだり。
窓を開け空を見てみたが、雲がかなりかかっていて星どころか月もぼやけている。
スマホで雨雲レーダーを見ても雲がいっぱいだ。

今日は無理っぽいので帰ろうとしたが、せっかくここまで来たんだし
奈良公園一帯のライトアップでも見て帰ろうって事になった。


って事は、必然的に歩かねばならない...


をっさん昼のトレランでシゴキのようにイタブラレたので、脚はすでに逝ってしまっていた。

そんな事はお構いなし、嫁と娘はそそくさと歩き出す。
離れまいと必死で歩くが追いつけない、ん~歯がゆい。
ポンコツロボットが歩いている感じだ。


奈良公園は昼間は観光客で賑やかだが、夜はほとんど人が居なかった。
一応ケータイカメラで写真とってみたけど、暗かったりブレてたり今ひとつ。

興福寺の五重塔
DSC_0413_convert_20130824153615.jpg

国立博物館だったかな?
DSC_0416_convert_20130824153710.jpg

南大門
DSC_0418_convert_20130824153805.jpg

阿吽像
DSC_0419_convert_20130824153855.jpg DSC_0421_convert_20130824153928.jpg

大仏殿
DSC_0432_convert_20130824154052.jpg

中門の回廊
DSC_0434_convert_20130824154118.jpg

鏡池
DSC_0438_convert_20130824154143.jpg


とまぁこんな感じでした。



そして翌日
今度は大阪城へ行きたいと、ポンコツロボット頑張りました。
今度は自転車で最寄の駅まで3人乗り。
当然運転手はポンコツです。

この日も異常に暑かったのです。

天守閣
DSC_0444_convert_20130824163527.jpg

天守閣より
DSC_0445_convert_20130824163554.jpg

鉄砲を撃つ銃口の覗き穴?
DSC_0448_convert_20130824163617.jpg うちの娘はここが大好き


で、次は歴史博物館へ
DSC_0401_convert_20130812144935.jpg

この人形、リアルです
DSC_0451_convert_20130824163641.jpg

からくり人形
DSC_0455_convert_20130824163810.jpg

ちょっと写真が多くてくどいですが。



をっさんはこの2日間、奈良公園と大阪城を引き回しの刑にあった気分...

しかし娘も満足のようで良かったです。




さぁ、明日はママチャリ4時間リレーですが、天気が心配です。
中止にならなければいいんですが...
とりあえず頑張ってきます!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




[edit]

生駒山系トレイルラン-3 

やっとの思いでコンビニまでたどり着いたをっさん達。

いや、達ではない...

すでに持ってきていた水分1.5㍑のうち1㍑は飲み干していた。

ここで昼飯を買い込みエネルギー補給をしなければならなかったが、あまり食欲が湧かない。
お腹は減っているのだが、後半もあのような走りをすると思うと
腹一杯食べる気にはなれなかった...

とりあえず買ったのは、梅おにぎり1個、麦茶500ml1本、レッドブル1本だけ。
すぐに食べ終わった...

いくらなんでも昼休憩なんだから、最低でも30分くらいはあるだろうと思い、
追加としてガリガリくんと後半の水分アクエリアス500ml1本と水500ml1本を買った。
因みにアイス食べたのはをっさんだけ...

こんな状態でも、心のどこかでユルトレランであってほしいという気持ちがアイスを買わせたんだろう。


そしてガリガリくんにかぶりついたその途端、耳を疑うような言葉が聞こえた。
非情にも主催者のかたは「そろそろ次、いきましょうか!」


なんだって?
まだ20分も経ってないんちゃうん?

とは言えず、必死にガリガリくんをかきこんだ。
これは軽いイジメか?

キーン
頭が痛い...

ようやく食べ終わりみなさんの輪の中に(正確にはやや輪の外)入ると、
どうやら1人のかたが体調不良のため、ここで離脱するみたいだ。


ますます不安になるをっさん。
経験者のかたでさえ離脱する状況、これは他人事ではないかもしれないと思った。
をっさんすこしばかり涙目...

昼飯こそそんなに食べてはいないが、をっさんの心はすでにお腹いっぱいだ。



離脱されるかたに お疲れ様でしたと声をかけ(をっさんもかなり疲れているけど)、
ゆっくりと走り始めた。


1kmほど走った所で先頭は立ち止まっていた。
みんな到着した時点でまたしても信じられない言葉③が

「え~、今日はみなさん体力がある人ばかりなので、今からここの急な坂を走って上りたいと思います。」

出た!シゴキ...

しかしその坂を見てみるとそんなに長くはなさそうだ、100mくらい?
これならちょっと頑張ればいけるかもしれないぞ。
他の人もそう感じたのか、猛ダッシュで上るのが3人ほどいた。
すごいスピードで追い抜かれ、上りきったところでひと言
「あれ?ここまでとちゃうんかいな~、まだあるやん...もうアカン...」

その人達は、まるで奈落の底に突き落とされるかのようにス~っと消えていってしまった。


坂は上りきったと思うところから、緩くなってはいるがまだ続いており次の分岐点までは
走って行くことだったらしい。

その分岐点で小休止があり、ミニ講習が始まった。
階段を使ってのトレーニング法3種類や、階段と坂がある場合は坂を登ると楽に登れるとか言っていた。

そんな中、をっさんの周りにはアブが2匹ほどブンブンと纏わりついてきた。
もうをっさんは、アブなんてどうでもよかった...
払う気力もなくなっていて、じっとしていればおそらく刺されないだろう
なんて好都合な考えでいた。


そして今度は走りやすいトレイルが続くらしい。

走りやすい?
待てよ、走りやすいって事はだな、

またスピードが上がるって事じゃないのかよ~!


案の定そうだった...


緩やかに上ったり下ったり、平坦だったりカーブがあったり
スピードはぐんぐん上がりだし、1kmもたたないうちに先頭は見えなくなっていた。
基本下りが多くて気持ちいいはずなんだけど、遅れてはいけないと思い
をっさんも出来る限りのスピードで走って行く。

辛い、辛いんだよ~

下りなのに呼吸がゼーゼーハァハァ、唾を飲み込む暇も無い。
今にも口から心臓が飛び出てきそうだった...

ここを走った記憶といえば、景色なんかまったくわかりません。
憶えているのは地面だけ。
捻挫しないようにとか、崖から落ちないようにとか
常に地面を気にしながら走った記憶しかありません。


さすがに次の分岐点での小休止では、膝に手をついたり、辺りをウロウロして
呼吸を整えることで精一杯だった。

主催者のかたは、地図と道しるべを見ながら思案中...
「なるほど、なるほど」と一人で呟いている。

をっさんには、これがまた恐怖心をあおる...


どうやら若干ルート変更するらしい。
「今日はトレイルでもめずらしいウッドチップのコースがありますので
 そこを走りたいとおもいます。フカフカのコースなので楽しめるのではないでしょうか。」


とかなんとか言って、またキッツイ走りじゃないの?
と頭をよぎりましたが、もうここまできたんだしどうでもよくなってきた。

で、そのウッドチップのコースは、
言ってた通りのフカフカで、かなり気持ち良く走る事が出来ました。

ここはをっさんが以前に一人トレランしたコースの近くなので、結構使えるコースになるでしょう。
収穫ありです。


今日の予定のコースは残すところあとわずか、距離にして6kmぐらいになってきた。
ここで最後の講習が始まった。

急な下り坂の走り方だそうで、主催者曰く

「このような急な下り坂を、私は今日 鬼走り で走りました。
 その 鬼走り を皆さんにもやっていただきたいと思います」


はぁ?
またワケの分からん事言ってはるわ...
鬼走りて、そんなんをっさんに出来るわけあらへんやん...
そりゃあなた達みたいに、トレランの猛者なら出来るかもしれへんけど、
をっさんみたになヒヨッコには無理 無理 ム~リ~...
絶対無理ですから!

「では、とりあえず見本で」

パッカパッカパッカ…


プッ!笑かしよって...


「このように、馬が走っているような走りかたで下って行けば
 かなり楽に走る事ができますので、体力の温存ができるわけです。
 負担の掛かる下りでいかに楽して走るかがカギです。
 これがポニー走りです。」


え?!
ポニー?
鬼じゃなくてポニーなん?


聞き間違えた...

をっさん絶対 オニって聞こえたんだけどなぁ...


さっそく試し走り。

言われる通り楽かもしれない。
少し練習が必要だけど、これが出来ればかなり違ってくる感じだ。
いいこと教わった。

だけどこれ、今日走る前に教えてほしかったって思うのはをっさんだけでしょうか?...



トレイル部分はこれで終わり、
あとは終点の四条畷駅までの3km弱走るだけだ。
そこで一旦解散して、温泉に入る人とそのまま帰る人に分かれる事になる。
温泉に入る人はそこからまた3kmほど走っていく予定。

をっさんは駅から走って帰る人なのであと3km弱だ。


ところがどっこい、途中でルート変更したみたいで温泉まで直接行くらしい。

をっさんまたもや涙目...
あと3km弱の心つもりだったのに、6km弱走るはめに。


仕方ない、途中で帰るわけにもいかないので、泣く泣く付いて行った。
心が折れそうになっていたが、なんとか皮1枚繋がっている状態。
先頭からはどんどん離されいき、脚を動かすので精一杯。


そしてようやくゴール!
先に到着されていた10人くらいの人と、主催者のかたとハイタッチをして無事終了となりました。
結局コース変更などあり15kmの予定が20kmになりましたと。
入門ペースの予定でしたが、今日のRUNは初級相当になります。 だって!

ま、いっか。走りきれたんだし。


ここで温泉組と帰る組に別れ解散となりました。
主催者のかたと一緒に走ってくださった方達にお礼の挨拶をして
をっさんは一人淋しく家まで走って帰る準備を。

とりあえずコンビニに入りアイスと水分を買い足して、15分ほど休憩。
鉛のような脚で家までの7km弱を、とぼとぼと歩いたり走ったり。
途中コンビニでまた休憩。
1km走っては1km歩きを繰り返しながら、ようやく家にたどり着きました。

奥さんは言う
「えらい長いこと走っててんなぁ、大丈夫?頬こけてんで~」

をっさん無言
やっと出た言葉が「えらかった~...風呂入るわ」


もう廃人

虫の息

半植物人間状態


エアコンの効いてる部屋でポテチ~ンと即死しましたとさ。


以上、はじめてのトレランツアーでした。
 
おしまい。






少しは強くなったと思っているをっさんに応援のクリックを。
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

生駒山系トレイルラン-2 

いよいよ出発


グループごとに集まった後、ゆっくりと歩き出した。
幸いをっさんのグループは最後尾の出発で少しホッとした。
おそらく決められたグループで纏まって最後まで行動するんだろうと思った。


なにしろをっさん初めてなので、右も左も分からない。
迷惑をかけないように、最後尾のグループの中でさらに最後尾をついて走る。

1kmも走るとすでにグループはバラバラになっていた。
ん?なんで、走力別じゃなかったの?
まぁ、そんな事はどうでもいい。
をっさんは、この人達のお荷物にならないように離されずに付いていくだけだから...


DSC_0406_convert_20130819160047.jpg
DSC_0407_convert_20130819160118.jpg


気分良く走っていたが、先頭とはかなり距離が開いてる感じがしてきた。
DSC_0408_convert_20130819155209.jpg
さっきまで連なっていたのに、をっさんの前には3人しかいない。
心配になったがまだ大丈夫だろう。
なぜなら、をっさんのすぐ前を走っているブルーのザックの人は、11週連続ウルトラ完走の人だから。

よし、決めた!
今日はこの人に離されないように付いて行こう!
(この時点でをっさん最後尾)


3kmほど走ったあたりだろうか、先頭の人たちは休憩していた。
どれくらい待っていたか分かりませんが、最後尾のをっさんが到着したらすぐに走り出した。

え? をっさん達の休憩は?


どうやら無いようだ。
休憩していたのではなく、分岐点のため道を間違えないように待っていただけだった。



これはヤバイかも...

今日は入門ペースって言ってたんだけどなぁ...

現実にはグループは分解状態、最後尾には息つく時間もない。
この調子だと最悪なら、昼食までは休憩出来ずに走り続けなければならないと思った。


ここで目標変更、集団の真ん中あたりで走ろうと。
そしたら少しは休憩できるだろう。


ここまでのをっさんの状態はと言うと、しんどいわけでも無く、かと言って物足らないわけでも無く、
まぁまぁエエ感じのペースだったんですが、でも、休憩しているのを見ると自分も休憩したいじゃないですか。


で、再スタート後は真ん中あたりで走らせてもらった。
次の目標を決めようと、自分に合いそうな走りかたの人を探す。

いました、女性ですが、
フルマラソンを常に3時間15分前後で走る人。
真後ろに付いて走って気持ち悪がられてもアレなんで、斜めに位置取りをして走る。
けど、山道なので幅が狭くなると真後ろ。
するとすごいものを見てしまった。
なんとその女性の脚がえらい事になっていました…

その人はランスカだったと思うんですが、その下に3/4のコンプレッションタイツを履いていたので、
脹脛だけは肌が露出していました。
脚は全体にほっそりとされていて、いかにもランナーって感じの脚。

足首も細く、脹脛も締まった感じなんですが、でも脹脛の筋肉が異様に発達していた。
まるで野球の硬球が埋め込まれているかのような硬そうな感じ。
筋肉が動くと今にも皮を突き破りそうな…
でも決して太いわけではなく、格好いい脚なんです。

なるほど、フルを常に3時間チョットで走る人の脚ってこんなんなんだぁ...
それに比べるとをっさんのは今ひとつ締りがないかな?
なんて考えながら走っていた。


そうこうしているうちに次のポイントに着きました。
DSC_0409_convert_20130819160145.jpg
これ何だと思いますか?


たしかロッククライミングみたいに、下から自力でよじ登っていくんですって。
すごく大きかったなぁ。

ここで10分ほど休憩できましたが、最後尾の人は5分ほどだった。
やっぱり正解だ、最後尾だけは逃れなければ...



そして再スタート、
この日一番の見所「星のブランコ」へ向かって登っていきます。

すぐに到着した。
DSC_0410_convert_20130819160207.jpg
見ての通り吊り橋で、延長280m、最高地上高50mだそうです。
歩いて渡るだけでもかなり揺れる。
当然ながらRUN禁止だそうです。

橋を渡りきるとゆるい上りを走ります。
そして2つ目の見所
DSC_0412_convert_20130819160228.jpg
さっき渡った吊り橋です。
写真では分かりにくいですが、実際はすごく爽快でした。




ここで残念なお知らせがあります。

写真のアップはこれでオシマイです。
この後は、写真を撮る余裕など無かったからです。
詳しく申しますと、時間的な余裕はありましたが、精神的な余裕がありませんでした。




そしてこの景色を見て喜ばされたのもつかの間
今度は信じられない言葉①を耳にした。

「ここで今日一番の追い込みをしたいと思います。
 そこの坂を下っていき、一番下まで着いたら一旦待ちます。
 そしてまた登ってきてここで集合です。」

ん?何だって? 追い込み? また登る?
とらえようによっては半分競争みたいじゃないか?

それより追い込みってどう言う事なのか?
今日は入門ペースって言ってたんじゃないの~?って思ってたのはどうやらをっさんだけだったみたい。


仕方ないので着いていく。
ここは絶対真ん中キープで、最後尾だけは避けたい。
なんなら少しでも前で走りたいって思った。

最初の下り、だんだん急になっていき、しまいには急階段になってきた。
そこを先頭の人たちは降りるんではなく、落ちるような感じで下っていった。
をっさんも必死に着いていこうとするが、差は開くばかり。
一歩でも踏み外すと絶対捻挫間違いなしの状況。ランニングシューズのせいか
若干滑る気もしないでもない。
幸い後からの突き上げは無かったので、精神的には追い込まれなかった。

かなり下ってきたけど一向に終わらない...
こんだけ下ったって事は、そんだけ登らないとあかんって事。

コワイ、コワスギルよこの集団。
をっさんこんなの求めて応募したんじゃないのに...なんて半べそかきながら着いて行くしかなかった。


ところがいきなり先頭がストップした。
何があったんだろうと様子をみてみると、どうやら道にロープが張っている。
そこには、この先スズメバチ 通行禁止 みたにな事が書かれていた。

そして信じられない言葉②
「引き返しま~す」

良かったのか悪かったのか、来た道を引き返すことになった。
しかし今来た道ってすごい急坂&急階段で、それを登ると思うと心がポッキリ折れてしまいそうだった。
いくら登っても終わりが見えない。下りでかなり脚を使い切っていたので売り切れ寸前。
途中で止まりたいが、後が閊えるのでそれも無理。
泣く泣く脚を動かすしかなかった。

今思うとここが一番苦しかった。

まるで部活

まるで刑罰

まるで軍隊

なんなんだよ~、こんなつもりじゃなかったのに~
もっとゆるい感じのトレランじゃないのかよ~

心の中ではそう叫んでいたけど、反面 もしかしてコレおいしいかも、
ブログねたにいいかもなんて思ったりもしていた。



ようやく元の位置まで戻りひとまず休憩。
主催者から一言
「今ぐらいの急な坂や階段をスピード出して登れれば中級レベル相当」

絶対無理!
普通に登るだけでも相当キツイのに、スピードって...
じゃぁ、上級ってのは走って登るのか?
まぁどうでもいいや、上級なんて縁のない世界だし。


休憩後、今度は下りが多くなるので気持ち良く走れると言っていた。
さすがに上りより気持ちがいいけど、皆さん下りがめちゃくちゃ速い。
をっさん7~8番手キープするのが精一杯だ。
気持ちいいはずが若干気持ち悪く感じたのは気のせいだったのか...


下りきった所で小休止し、昼休憩するコンビにまでランニング。
ここでやっと中間点。
この時点でをっさんの状態は 脚7割方使用済み残り3、水分補給1リットル、精神的余裕度は限りなく0に近い


さて後半、をっさんは持ちこたえることが出来るのか?

つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





[edit]

生駒山系トレイルラン-1 

まいど



まるで他人

ちょ~重い脚



トレランして2日経っていますが、いまだに筋肉痛が治まらずロボット歩きになっています。
当然この2日間は走れれず、筋肉痛をたのしんでいるところ。



では報告を
1回では書ききれないので何回かに分けて書きます。

朝5時に起床、
いつも早朝RUNでは食べずに走るんですが、この日は集合が9時という事で朝食をとる。
準備は前日に済ませていたので、家を出発する7時までは余裕ぶっこいて過ごす。

歩いて駅まで行き切符を買おうとするが、慣れていないため手間取った。
若干自分のいでたち(もろに走る格好)は気になるが、土曜日ということで人も少ない。

7時40分の電車に乗れば十分間に合うんだが、駅まで歩くのが早過ぎたため7時20分の電車に乗った。
当然到着時間も早く、1時間前に着いてしまった。

まだ誰もいない…
DSC_0405_convert_20130819155915.jpg

そりゃそうですよね、
1時間も前から来て待ってるワケありません。

仕方ないので駅の前の公園のベンチに腰かけ、虫除けスプレーをしたり、シューズの紐を
結び直したり、缶コーヒー飲んだりと時間をつぶしていた。

ふと駅の方を見るとランナーらしき方が立っていた。
近づいていき声をかける

を:「おはようございます…
   あの~、トレランツアーのかたですよね?」

ラ:「おはようございます、そうですよ」

を:「私、初めてなんですが、結構このようなツアーを参加されるんですか?」

ラ:「5回目くらいかな…
   それにしても、今日も暑いな~…」

 
と言いながら、少し離れてスマホを弄りだした。


あれ?もしかしてをっさん鬱陶しがれてる感じ?
そないあからさまに距離とらんでもって思ったが、よく見たら木陰に移動しただけだった。
でも、スマホを弄りだしあまり喋りたくない感が出ていたので、ほっとく事にした。
知らないあいだに駅の改札付近には結構な人数が集まっていた。
ざっと見て15~16人、誰か喋りやすそうな人いないかなぁ~っと見渡すが、みなさんあまり喋ってない。

をっさんもたいがい無口で小心者だから、ここで無理して喋りかけても
さっきのような事になるのもイヤだし、立ち直れなくなってしまうので、ここは様子見で。


そして予定の9時になり、集合がかかる。
最終的には20人、うち女性が4人。
すぐに4つのグループに分けられたのち、一旦集まり自己紹介。
ここでとんでもない言葉を耳にした。


例えば、秋は神戸と大阪と奈良を走るとか
    山岳レースはしょっちゅう出場しているとか
    フルマラソンは3時間15分前後をコンスタントに叩き出してるとか
    11週連続ウルトラマラソン完走したとか
    家は大阪市西区で集合場所の私市(枚方市)まで走ってきたとか(20kmくらいあると思う)

挙句のはてには次のレース予定はハーフのショボイ感じのやつしか決まっていなくて恥ずかしいんですけど…とか

それって、をっさんもやん!
裏を返せばをっさんショボイって言うてんのと一緒やんか~…


もしかしてをっさん場違い?
みなさんガチ?


それもそうだ、
だってシューズを見てもみなさんトレラン専用のシューズ、
をっさん一人ランニング用、しかもアシックスNY2170のRUN初心者用。
相手にされないのも当たり前か…

ひょっとしてグループ分けしたのは走力別か?
それなら少しは安心できるんですけど。


主催者のかた曰く、今日のコースはトレランと言っても山ではありません。
低い山、園地を走る程度なので、レベルとしては入門レベルで行きます。
予定としては最後まで走ると15kmの予定です。


この主催者のかたがまたスゴイ人で、信越五岳はキツイけど面白いとか、UTMF完走したとか、海外の山岳レースに
エントリーするとか、何かスゴイことばかり言っていた。


をっさんちょっと疑心暗鬼。
こんな人達を引き連れて、チョ~ゆるゆるの入門レベルって…
そりゃ満足しないでしょう。
ホントに入門レベルで進んでくれるの?ってなりますよね?



そうこうしていると今度はストレッチ。
15分ほど何種類かしました。
山を走るには走力だけではダメだと。
柔軟性が大事、特に股関節の柔軟性が必要だとか…
インナーマッスルが鍛えられ、ロードの走りも変わってきますとか。


そしていよいよ出発
何とか足手まといにならないように付いて行かなければなりません。
チョット緊張するけど楽しみになってきた。
この人達はどんな走りかたをするんだろう?って。



疲れてきたのでつづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

明日のお楽しみ 

まいど

この前の日曜日(8/11)に6時間かけてLSDをしたけれど、どうも歩き&休憩が多かった。
なので2日後(8/13)、同じコースで休憩を1回省き、出来るだけ止まっている時間をなくそうと試みた。

前回走っているので、だいぶん気が楽に走れた。
距離同じく36km、時間は5時間5分。
前回いかに休憩が多かったか分かりました。(反省)


翌日は、娘と夜RUN。
スピードあげられて潰されてはいけないので、をっさんが先導。
ゆるゆると走らせてもらった。
こんなんでいいんでしょうか…


今朝(8/16)は出勤日のため早朝RUN、ゆるめに9km弱で終了。



そして明日(8/17)は楽しみにしていたトレランです。
生駒山系の北部(私市~四条畷)を走るんですが、だいたい20kmぐらいらしい。
初心者ということで、ペースは入門コースらしいです。
ゴール地点が四条畷ということなので、ゴール後は家まで走って帰るつもりでいる。
家まで走っても7kmくらいなのでおそらく大丈夫でしょう。
万が一走れなくても歩いて帰ればいいんだしね。

なぜこれに応募したかというと、ここでルートを覚えれば練習に使えるし、距離も手頃かと思ったから。
夏の暑い時期に山を走るのも気持ちがいいけど、もっと楽しみなのが紅葉の時期に
走ってみたいというのが一番の目的かもしれない。


走って家まで帰るつもりなので、集合場所まで電車に乗って行くんだが
走る格好で電車に乗るのはちょっとはずかしいんですがどうなのかな?
みんな走る格好で電車に乗ってくるんだろうかとちょっとドキドキ。
だって、ほら、をっさん小心者だから…ね。

ま、朝早いし、ど~でもいいか!


とりあえず明日は楽しんで走ってこよう!



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

日に焼かれて6時間 

まいど


8/11(日)なんというか、中途半端なLSDやってきました。

朝6時出発
今までのLSDよりかはペース速めのキロ7分程度、どこまで行って帰ってこようというあてもなく走り始めた。
だが、これが失敗で、ある程度コースを決めておかなければ、非常に疲れることがわかった。

とりあえずは梅新までっていうのは決めてはいたけど、そこから先はその時考えればいいみたいな
感じで走っていた。



折角だから今日は写真でも撮りながら行こうと思ったのは造幣局あたり。
DSC_0382_convert_20130812141917.jpg



次に寄ったところは毎年初詣に行く大阪天満宮。
正月や天神祭りはスゴイ人出です。
DSC_0383_convert_20130812142342.jpg
さすがにガラガラだった。


梅新まで到着、今日は写真撮りながらだから観光名所案内風で走ろうってことに。
ただ、どこまで体力が持つか不安だったけど…
とりあえず御堂筋を南下。

アメリカ領事館のところで1枚撮りたかったけど、機動隊がたくさんいて
不審者と思われるのもイヤだったので諦める。(ここ小心者です)
このあたりで1回目の休憩。


次、日本銀行
DSC_0384_convert_20130812142543.jpg

ミズノ本店(真ん中の青い看板のビル)
DSC_0386_convert_20130812142731.jpg


御堂筋
DSC_0387_convert_20130812143732.jpg


御堂筋沿いにある北御堂と南御堂
DSC_0388_convert_20130812142925.jpg

DSC_0389_convert_20130812143038.jpg


ミナミの戎橋
DSC_0390_convert_20130812143120.jpg
逆光で見ずらい


さらに南下し大国町を西へ行き今宮戎へ
ここも普段はガラガラですが、十日戎の日にはもう…
DSC_0393_convert_20130812143208.jpg


通天閣
近くまでは行く気力はもう無くなっていた。
DSC_0394_convert_20130812144319.jpg


さらに西へ向かい四天王寺。
ミストのシャワーがあったので、休憩がてら浴びさせてもらう。
DSC_0398_convert_20130812144615.jpg

DSC_0399_convert_20130812144739.jpg


そこから北へ、大阪城へ行くことに。
手前のコンビニで3回目の休憩。


大阪城の向かいにある府警本部。
立派な建物です。
DSC_0400_convert_20130812144836.jpg

歴史博物館とNHK
これまた立派!
DSC_0401_convert_20130812144935.jpg


そして大阪城。
DSC_0402_convert_20130812145101.jpg
相変わらずたくさんのランナーがモクモクと走ってました。
をっさんは城内を1周してから、モグモグと補給&休憩。


もうかなり疲れてきたので帰ろうとするが、距離は8kmほどあり
休憩せずに走っても1時間はかかりそう。
水道で頭から水をかぶり、再度出発。

頭も脚も逝っちゃいそうで、今回はかなり辛かった。
2kmほど走ってまた休憩。
シャリシャリ君補給です。
DSC_0403_convert_20130812145201.jpg
ここでは20分ぐらい休んだかな。


気を取り直してノロノロ走るがまた3~4kmでアイス休憩
DSC_0404_convert_20130812145310.jpg
もう、暑くて暑くてアイス無しでは走れませんでした。
ここでまた水かぶりするが、すぐに乾いてしまう。


残り2~3km
もう信号ごとに止まりたい気分。
なんなら青でも止まっていたかったが、そこは我慢して歩いた。

オイをっさん、さらっと言うとるけど思いっきり歩いとるやんけ!


もうすぐゴール。
どれくらいの時間が経過したのか、ガーミンで確認。
良いのか悪いのか、きり良く6時間36kmの表示を見て即終了!
残り1kmも無かったけど、走る気力0.
歩いて家まで帰りました。


何回休憩しただろうか、少なくとも6回は休憩したと思う。
最後の3回の休憩の長いこと長いこと。
休憩だけでも合計1時間ちょっとはしてたんじゃないだろうか。

ま、この暑さだしヨシとしとこう。
ヘロヘロになったけれど、終わってみればそれも楽しいと思えました。



持久力ついたのか微妙な感じのをっさんに応援のクリックお願いします。
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

予想外のプチスピード練習? 

まいど



昨日は2部練?


早朝RUN、お気楽ペースで12km。
出だしから気温は29℃、えげつないくらい暑かった。
太陽も顔を出していないのにこの気温、ありえへん…

上はTシャツ1枚で走ると、汗でボタボタ&肌にベッタリひっついて気持ち悪いので
最近はTシャツの下に半そでのコンプレッションインナーを着て走る。
汗ボタボタや肌ベッタリを回避できるので、終了まで結構気持ち良く走れる。


前回食べ損なったシャリシャリくん(スミマセン、画像ないです)
やっと食べることができ大満足。
値段は張るけど美味かった、何より「早く食べな溶けてまう~」って心配ゼロ。
せめて100円にしてほしいなぁ…



そして夜
1日2回のRUNは初めての試み。
とは言っても娘とのRUN。過去2回はチョ~ゆるゆるでキロ7分15秒くらい。
しかも途中で休憩あり。
気持ち的にはあまり走った気がしないよいうな内容。


またまた娘の事で恐縮ですが、今回はど~しても書き残しておきたかったので。


今回はコースをガラッと変えてみたが、距離は同じ3.5km。
いつものように準備体操をして、ゆる~くスタートをした。

走り出してすぐ、暑いからもう走りたくない なんて言い出した。
が、をっさん完全無視!
まるで何も聞こえてなかったように平然と走る。

諦めたのか、しぶしぶついてくる娘。

内心、今日で終わりだなって思った。


1kmほど走ったところで信号待ちになったので、ペースを確認してみるとキロ7分くらい。
今回少し早めだなって思ったがそのままに。
信号が青になったので娘に前を走らせて、疲れたら休むか歩くかしていいよと伝えた。

気分よく走っていたので後をついてをっさんも走る。

しかし、ちょっとペースが速くなってきた感じがした。
確認はしていないが、体感的にはキロ6分10秒~20秒くらい。
ま、子供のことなので一定のペースはムリでしょうと思っていたが、
いっこうにペースが落ちない…

1km~2kmのペースを確認したら、6分30秒。その間信号待ちが1回あったので
実質的にはキロ6分前後のはず。

をっさん まさかそんなペースで走るとは思ってなかったのでビックリした。
ゆるゆるペースなんで、かる~くついて行けばええか ぐらいにしか考えてなかったし…


走りながら娘に聞いてみた。
今日はえらい走るの速いけど大丈夫か?しんどくないか?って
そしたら平然と

うん、大丈夫! やて。


そして2kmを過ぎたらさらにペースUP

チョ、チョット
こんなん聞いてへんで!
さっきよりまだ速なってるやん…


をっさんもう ついて行けへんやん!
まるでクラブやないか~…


と心で叫びながら必死に後をついて行った。
これがMAXだろうと思うとこでペースを確認してみたら
キロ4分45秒!

え~! こんなん練習では走ったことないペースやん。


潰されてまう…娘に潰されてまうがな!
信号赤で引っかかってくれ~~~!


願いが通じたのか、信号は赤に。
平然を装いながら、
またえらいスピードで走ったけどどないしたんや?

なんかな~、道路ポッコンポッコンしてたやんかぁ、
そこの小さい(下り)坂で勢いがついて、だんだん速くなってもうてん…。



コワイ、コワイぞ娘!
君は信号が赤になっていなかったら、ずっとあのペースで走るつもりだったのか?
なんて怖ろしくて聞けなかった。


結局そのペースで走ったのは1km弱ぐらいだったけど、考えさせられる1km弱だった。
娘の走るフォームはお世辞にも綺麗とは言えず、
腰は落ち気味 肘は張ってるし腕振りもマチマチ。
走りながら注意はしますが、何でそれでそんなに走れるんだ? 日々走ってるをっさんはどうなる?


ま、距離が短かったからかもわかりませんが…



疲れたのか、最後の50mほどは走れなくなってしまったみたいで
歩いて終了となりました。





潰されそうになったをっさんに救いの手を
  
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

まさかの2回目? 

まいど


あかん、今朝も蒸し暑かった。
予定の1時間走れたけれど、この蒸し暑さにはタマリマセンね。

別に脚や呼吸が苦しい訳ではないが、何となく重ダルイ…


RUN終了後早速コンビニヘ寄って、ガリガリくんではなく
シャリシャリくんを食べようと血眼になって探しました。

が、無い…

何で?そんな事はない、

再度見渡す …



やっぱり無い。


いつも行ってるコンビニならあるのに、今日に限って違うコンビニへ入ってしまった。
仕方が無いので別ので我慢。
シャキッとみかん だったかな?
まぁ、これはこれで美味しかったけど…

シャリシャリくんは次回までおあずけです。



で、タイトルの件

先日、9歳の娘が走りたいってので3.5kmを一緒に走りましたが、
昨日の夜、またしても 走りたいって言いよった。

どうした娘!
ナゼ最近走りたいなんて言うんだ?
これはRUNに目覚めたか?

イヤイヤ、それを判断するのはまだ早い。
前回の様子だと次は無いなと思っていたが、もう少し様子をみることにしよう…。

とりあえず前回と同じコースを選択。
娘は夕飯を食べた直後だったため、走ってる途中で何度もお腹が痛くなっていた。
だいたい1km走るごとに休憩。
また3kmぐらいのところでグタグタになっていたが、エサばら撒き作戦で無事終了。

走りきれた事に娘は満足そうでした。


まぁ、それでもいいです。
走りたい時に走ればいいし、走りたくない時は走らなくてもいい。
要は、をっさんと同じで、楽しく走れればそれでいいんです。
こういうスキンシップもいいんじゃないでしょうか…。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。