07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

どうぞ! どうぞどうぞ! 


ここ2週間は昼となく夜となく目一杯働きづめで、曜日や時間の感覚がなくなりつつあります。

今朝も朝5時出勤だったけど、仕事が早く終わり(と言っても7時間は働いてるけど)
昼には帰ってヨシとのことなので解放されました...


いつもこんな感じだけど、社畜である以上仕方ないわい...




で、つづき



今回もアイツがやってきた...

太腿の前の筋肉がピクピク~って...
そう、前回ダイトレを走った時と同じヤツや!



くっそ~! 右脚左脚! もうくたばったのか?
おまいらみたいな役立たずは、ちぎっては投げ ちぎっては投げ してイノシシの餌にでもしてやろうか!?

って言ってやったら、余計に酷くなったもよう...


しまった 逆効果や



ちゃうねん ちゃうんねん
今のは本心じゃないんやで...

俺の中の悪いほうのをっさんが勝手に言うただけや...
気ィ悪せんと一緒に頑張ろうな、ボチボチ走るさかい...
ようやってくれてるで~


あぶないとこや、コイツらは褒めて頑張るタイプやったんや...



このまま走り続けたら攣ってしまいそうなので、時々歩きをいれながら慎重に走るけど
もう体力も限界に近づいてきてこんな感じに

DSC_0305_convert_20161027181509.jpg

走っとるわい!




そして六甲山ホテルやゴルフ場の中を通過して(この辺りはほとんど記憶がない)
再びトレイルへ



しばらく走っていたら前を走る人に追いついた。
たぶんこの人はキャノン初めてじゃなさそうだなって思ったから聞いてみた。

 「あと どれくらいあるんでしょうね?」

期待してた返答は5~6kmって予想してたが


 「まっだまだあるよ、この山道が長くってイヤやねんなぁ... 毎回思うわ...」


 「そ、そうなんですか... ...」

ってことは最低でも10kmはありそうだ



後ろに着かれているのがイヤだったのか、突然脇にそれて前を譲ってくれた。
ゲッ、また一人やん(泣)



また前の人に追いつきそうになったから今度は嫌がられないように着かず離れず作戦で



そしたら後ろから3人様御一行が追いついてきたから
「前 行きますか?」って聞いたら

「いやいや、もうしんどいから後ろについて引っ張ってもらいます」って...




よっしゃ~! 任しとけ~!
ここからは魂の走りだ~~~!



って1kmほど引っ張ってみたけど、やっぱりムリ...

心の中で
「スマン同志よ、俺の屍を超えて先を急いでくれ...」(;д;) ○| ̄|_




ほら、脚がまたピクピクしてるから...




ま、みんな疲れてるんだろうね、後ろから追いついてきたら

どうぞ! どうぞどうぞ! って感じで



ダチョウ俱楽部か!



そんな感じで追っかけっこみたいなことをしていたら、
いつの間にか宝塚の街並みが見えてきたので完走できそうだなって確信した。



道もアスファルトにかわり、激坂をどんどん下って住宅街まできたら
すれ違う人々が (たぶんキャノンのことを知っているんだろう)

「頑張って!お疲れさま~」って拍手なんかしてくれるもんだから
涙がちょちょぎれそうになり
「ありがとうございま~す!」って気持ち悪い笑顔で応えた(笑)



下まで下りきったけどゴールが分からない...
どっちだろうってキョロキョロしてたら

「キャノンのかたですか? ゴールはここを上がったらあります」って指さす方へ行ったら
いきなりのゴ~~~~ル!
14939491_1253936551366727_2219213459161687498_o_Ink_LI_convert_20161119115256.jpg

9時間27分 累積標高2,695m


たいした記録ではないけれど、1日中存分に楽しませてもらいました!




そうそう
をっさんの飼い主である奥様に電話をしなくては...

「もしもし、今 ゴールした」


「すごいや~ん、生きてるんや~⤵  ちょくちょくイマドコサーチで探ってたから
 死んでないとは思ったけど...」



 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?



「で、こっちの駅には何時に着くの? 迎えにいくわ。」


駅に着き改札を出たところで嫁と娘に捕獲され、無事に家畜生活に戻りました。

ありがとうございます。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[edit]

一難去ってまた一難か? 


最近良い天気が続いてて気持ちがいいんだけど、
社畜は土日祝なんて関係ないみたい...


だけど明日は仕事の予定がないから休めそう...


2週間ぶりに、のんびり走ってみようかなぁ






つづき

あろうことかスタートして15分ほど走ったところで左の足首が グキッ!w( ̄o ̄)w


オワタ......\(^o^)/


と思ったら、残念?なことに全然無事 ○| ̄|_
この後も2回ほどグキッとなったけど、予防のテーピングのおかげで難を逃れた。


をっさんスゴイ!

今日は ついてる!





気を取り直し、その後10分ほどで旗振山へ到着
DSC_0261_convert_20161027180646.jpg


向こうに明石海峡大橋と淡路島
DSC_0262_convert_20161027180718.jpg


少し走って今度は400?階段  直登です
DSC_0264_convert_20161027180753.jpg

数えながら登っていたけど、どうでもよくなったから80でやめた。
たぶん誰かが数えたから400階段なんだろう...


もう最後のほうはモモがパンパンでケツ痛いし、脚があがらないんですよ...

そんな状態でも、登りきると案外走れたりするから不思議。




高倉台の街中を抜け

次は 横尾山  あんまり覚えてないけど...
DSC_0265_convert_20161027180827.jpg



そして今回一番楽しみにしてた 馬の背
DSC_0270_convert_20161027180856.jpg

DSC_0271_convert_20161027180920.jpg

DSC_0274_convert_20161027180942.jpg

DSC_0275_convert_20161027181005.jpg


ここ最高~! キモチィ~!!!



もうお腹いっぱいになったから止めてもよかったんだけど、
さすがにまだこの辺で止める人もいないからイヤイヤみんなに着いていった...





30分ほど走ったら鈴蘭台?のあたり 大きめなエイドに到着
DSC_0292_convert_20161027181049.jpg


投げ銭してビールとフルーツとおにぎりをいただいた
DSC_0291_convert_20161027181029.jpg DSC_0293_convert_20161027181129.jpg


あ、この大会って公式エイドが無く、全て私設エイドだそうです。
だからジャリ銭ジャラジャラ鳴らしながら走って、利用する時は投げ銭してねって主催者の意向です。



ここからしばらく走って



たぶん菊水山
DSC_0294_convert_20161027181150.jpg

DSC_0295_convert_20161027181213.jpg


今度は 鍋蓋山
DSC_0296_convert_20161027181240.jpg

を通過していよいよ摩耶山へ
DSC_0297_convert_20161027181311.jpg

今回この辺が自分的には一番きつくて、登っても登っても岩や階段ばかりやん...って





ようやく摩耶山頂に到着
DSC_0304_convert_20161027181449.jpg

ここにも大きなエイドがあって、 これは歌エイド
DSC_0299_convert_20161027181405.jpg

休憩中だったけど、投げ銭したら歌ってくれました




こっちにも投げ銭して
DSC_0298_convert_20161027181341.jpg


写真撮るの忘れたけど
エイドの人が日本酒の小瓶をすすめてくれるので、マイコップに半分だけって頼んだら

「これ ウンマイよ~ 全部いっちゃったら?」

って言うけど、まだまだ走らんとあかんし呑んで走ったら酔っちゃいそうだから
やんわり辞退した...



どれどれ

唇を一回舐めて



    オッサンか!    はいオッサンです!



「ウマッ!!」


「すみません、やっぱり全部いただきます!」

「そうやろ~!」



けど、飲み干したあとチョット後悔したけど、大丈夫やろって3倍くらい思い込んでやった(笑)





頂上から
DSC_0301_convert_20161027181430.jpg


結局このエイドでは20分くらい休んで、六甲山頂へ向かった。

しかし下り坂を少し走ったところで今度はアイツがやってきた...




長くなったから つづく




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









[edit]

気分よく走りだしたが... 



遅くなったけど忘れそうだから書いておこうかと...



一応、無事に完走できました。

レース終了後は、下半身のほぼ全ての筋肉がパキンパキンのムッチムチ状態だったけど、
2日過ぎてようやく階段を普通に下りれるようになった。
前向きで下りようとすると踏ん張れないので、後ろ向きで下りないとダメでした。



前記事で調子こいてキャノンボールに出場だ~! なんて書いてみたものの
あれからあんまり走る時間もとれず、月に50km走れればいいとこ...


ま、そんな言い訳はおいといて、





本当はね

前記事から2カ月も過ぎ、たいしたブログでもないから誰も覚えてないだろう...
このままシレ~っと記事を削除して、キャノンボールの事は無かったことにしてしまおうか?
なんならブログもやめてしまおうかなんて考えてた2日前の夜のこと...




神戸から魔のメールが飛んできた...


「ヘッヘッヘッ は~ちゃんだよ!
 テメ~ たしかキャノンに出るってほざいてたよな?
 あたいの縄張りで遊びたいのなら、まずは挨拶ってものが無いとダメなんだよ!
 当日は7時までに来ておきな!
 塩ぶちまけて清めてやるからありがたく頂戴するように...
 さんざんもがき苦しめるように呪ってやるから、せいぜい楽しむんだな!... ...」

みたいな(怖)



うそ、うそうそ

本当はすごく丁寧で優しい文面でございました。
ごめんなさい、はーちゃんさん




そういう事があって、をっさんの逃げ道は固く閉ざされてしまったのです(泣)





前夜は3時間ほどしか眠れなかったので目覚めが悪く、準備に手間取り
始発に乗るため駅まで小走りした。


6時半ころJR須磨駅に到着。
そこから須磨浦公園まで歩いて7時前には到着した。

呪いをかけてもらうべく、はーちゃんさんと合流し 1時間ほどいろいろとお話させていただいたり写真を撮ってもらったりしました。



前もって渡されたコースの地図はコレ
DSC_0259_convert_20161027180452.jpg
あんまりよく分からん...



そして素敵なルールと注意事項が
 ・エンジン以外なんでもあり
 ・死なない
 ・あまり文句を言わないこと
 ・自信のない方は感と知恵で走る
 ・万が一ポリスに捕まってもキャノンボールランの名前を出さない
等々



ま、普通じゃないことがよくわかった...




で、スタート前の様子
DSC_0260_convert_20161027180600.jpg
これからこの人達と一緒に山を這いずりまわって楽しい世界へ


そして8時、お見送りを受け気分よく走り出しました。





てか、いきなり上り坂やん...


でも順調




しばらく走って、ランナーが二手に分かれてた。

そのまま坂道を上るか、ショートカットで階段を登るか。
みんなショートカットしたいからか、大渋滞してたので坂道を選択




気分よく走れればどっちでもいいや...




と思ってた矢先、不幸は突然やってきた...





つづく



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

久しぶりに 



ここ2~3日は比較的時間に余裕があるから、久しぶりにブログ更新しとく。



ずっと忙しかったけど、休日にはチョコチョコ走っていたんだけど、
月に3回~4回くらいの感じかな。


盆休みは5日間もらえたから、そのうち3日走った ダラダラと...
暑いからか、たいして走ってないからかなのか、思うようには走れなかったけど
をっさん夏は好きなので、それなりに楽しめた感でいっぱい...


そんなをっさんを見て嫁が
「あんた、
 走るようになってから ほんま楽しんどるなぁ...
 しかし、このクソ暑い中走って何が楽しいねん?
 アホちゃうか?」



って アホは余分やろ! 



とは言えず
涙目で下唇を噛みしめた(笑)




今後の予定

奈良マラソンは結局エントリー出来ず

年明けは例年どおり仕事が鬼のように入ってくるだろうから無理として、
ガチのトレランも走れる自信がないし、
まぁ、何もエントリーしなくても走りたい時に走りたい所を走れれば
それだけで結構楽しめるんだけど...


でも、やっぱり何か楽しそうな大会はないかなぁなんて
いろいろ物色してみたら、ありました!





六甲縦走キャノンボールラン





エントリー費が結構お得で3,600円
片道でも往復でも費用は同額

距離は片道で公称56kmだそうですが、ホントはもう少し短いらしいです。



往復走る人は前日夜スタートで、夜通し六甲を走るんだけど
をっさんはそんなん絶対無理やし
片道でも完走できるかわからんので
エントリーは当然片道で。



まぁ、3,600円で1日もがいて遊べるんだから安いもんです(笑)



目標は時間内完走! 楽しみます!

[edit]

脚がバラバラになるかと思ったよ... 


では、つづき


金剛山で15分も休憩したもんだから、いくら一生懸命登ってきたとはいえ山の上は気温が低くすぐに汗冷えしてしまう。


もうなんだか走り出すのがしんどいけれど、ここで止めても自力で下山するわけだから、結局しんどいのは同じ...

残りはあと15km。
もうほとんど下りばかりだから、2時間以内で走れば目標の6時間以内は達成できる。



もしかしていけるかも?って思って走ってはみるものの、一歩一歩の着地が辛くて雑になってきてるのがわかる。
膝の衝撃を吸収する動作、自動車で言えばショックアブソーバーになるでしょうか?
そこがヘタッてしまってモロに太ももで衝撃を受け止めるって感じでした。

をっさんの脚、ポンコツ度MAX。
こんなにボロボロになるなんて思ってもみませんでした。


だから足も適当に着地してる感じで、グネッっと1回捻ってしまったけど運よく捻挫はま逃れた...



おまけに前日の雨でぬかるんでいたし、気を抜いて走ったらすぐに滑ってこけてしまいそうでした。
特に金剛山からの下りはぬかるみが酷くて、何人かこけている人もいた。

まるで田んぼかレンコン畑を走ってるような泥沼地獄(笑)



下りが多いから、そこそこ走れるわけなんだけど、をっさんの脚は限界にきていて
左の前太もものピクピクが段々酷くなってきて、かなり痛みが出てきた。


もうこれ以上走り続けていると、まともに歩けなくなるかもしれないと思ったから、少し広い所で一旦休むことにしよう。
(この時点で少しビッコ引く感じ)


そういえば、ザックの中にエアサロがあったはず...
マシになるか分からないけど、何もしないよりはいいだろうと、思いっ切り吹いてやった。



気持ちエエがな~!!




だいぶん持ち直したようで、痛みは殆どなくなり、また走れるようになった。


細い道も多くて、遅いながらも気持ちよく下っていたら、
後ろから猛スピードでグングン近づいてくるランナーの気配...

しかも集団で...


道を譲ってあげたいけれど、退避できるところもなかったので邪魔してはいけないと
をっさんもをっさんなりの目一杯のスピードで駆け下りるハメに。



ピタッと真後ろに張り付いて無口で走ってはるけど、きっと心の中では

「オラオラオラ! オッサン ちんたらちんたら走ってんじゃね~よ!
 とっとと駆け下りんかいな!!」って...


半分涙目になりながら精一杯駆け下りるけれど、
もう脚がバラバラになってしまうよ~!!って思った所でようやく退避場所発見!
助かった...


道を譲って「お先にどうぞっ」って言ったら、
「失礼します。」って返事が...


いやいや、失礼したのはをっさんやから...(笑)


走力の差歴然、
こういう走りがトレイルランナーなんだと思い知らされた。



そんな感じで何人ものランナーに追い越され、ようやく山を下りることができた。
そこには関係者の人がいらして、

「ゴールまであと2kmです。」


時計を確認すると6時間までには数分しか残っていなかったので、
目標達成は無理だとわかったけど、最後まで走る気持ちは残っていた。



おそらくこれが最後の曲がり角だと思われるとこに関係者の人。
「あの角を曲がれば200~300mほどでゴールだぁ~!」って思っていたら、


「ゴールまで800mです!」 だって...


え~???
もう2kmくらいは走ってるはずなんだけど...


ここでのあと800mのコールは、かなりガクッときたけど、気を持ち直してなんとかゴールできました。



かなりハードだったけど、いい経験になったし、
終わってみればやっぱり楽しいと思える1日でした。


をっさん、頑張った!


ゴール後のシューズはこんな感じに
DSC_1109_convert_20150414181025.jpg




暫定結果
トレランエントリー数905人
完走者830人中419位でほぼ真ん中あたりでした。






いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村















[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。