05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

をっさんを飽きさせない展開 



まいど



ランナーではなくなりつつあるをっさん、結局4月は高野山だけになりました(笑)





さっさと続き書きます



期待していたこんな道は、さほど長くは続きませんでしたが、勾配緩めの道だったのでせっせと走ることに...

次のチェックポイントは四差路で、そこを右折らしい。
四差路に到着して、道標を確認してみると 「高野山左」って書いとるがな...

をっさんのゴールは「高野山」だから左がいいのか、
地図には右折と書いてるから右に行くべきか...

もしかして、をっさんが地図に書き込むときに左右を間違えたのかもって思ったら動けなくなり、
後から上ってくる人を待とうかとも思った。

地図を見ても小さくて分かりづらく、辺りをウロウロしてみると電車の音が右の方から聞こえてきた。



うん、これは地図に書き込んだどおり右で正解だろう。
ま、地図に慣れている人なら迷うところじゃないんだろうけど...



線路沿いを少し走り、駅が近づいてくる。
その駅の前には橋が架かっている。その橋の名前は「極楽橋」。


そうか、この橋を渡れば極楽に行けるんだ。
じゃあ、かなり前に見たキレイな川は、やっぱり三途の川だったんだ...


繋がった、




南無~~~...



そして極楽橋を渡ったからには、ここから先は極楽の世界が待っているんだと都合のいい解釈をして先を急ぐ。



しかし、そんな浅はかな考えは即座に打ちのめされた。

またしても激坂、しかもみぞれが降ってきやがる...


いつまでも続く上り、そのうち雪が降り出し景色が変わってきた。
DSC_0429_convert_20140502134102.jpg
 
DSC_0435_convert_20140502134207.jpg

なんとか不動(忘れました)
DSC_0436_convert_20140502134240.jpg

DSC_0439_convert_20140502134307.jpg


そして、ゴールももうすぐ。
女人堂に到着。
DSC_0440_convert_20140502134333.jpg


ま、これくらいの雪ならなんとかなるだろう...
ここから先は楽しみにしていたトレイルだし(ちょこっとの距離だけど)最後は楽しんで走れるだろう。


女人堂の向かいの碑の右手からトレイルへ進む
DSC_0441_convert_20140502134358.jpg

弁天岳頂上を目指すが、だんだん雪の降り方が強くなってきた。
DSC_0442_convert_20140502134426.jpg

バサッ.. ウッ...

木の上に積もっていた雪が時折り落ちてきて、頭や身体に直撃する。
帽子に雪が積もり、掃っても掃っても上から容赦なく落ちてくるもんだから、掃う事をやめた...

ここまで休憩もほとんどとらなかったので休みたいんだけど、休んだら自分の汗で冷えきってしましそうなので走り続けるしかないという状況。


そして雪も吹雪いてきて、もう完全に真冬じゃねーか!
DSC_0444_convert_20140502134515.jpg

こんなの望んでないし...
こんなの映画「二〇三高地」やんか...

おい、寝るんじゃない! 寝たら死ぬぞ!

なんて呟きながら...


あ、別に眠くなかったんだけど、一人で暇だったもんで(笑)



そして弁天岳頂上に到着
DSC_0447_convert_20140502134537.jpg

写真を撮る手もかじかんで、感覚が無くなってきた。



あとは下るのみ。
だけど雪が深く、滑るは滑る、何度かズッコケながらボチボチ下りました。


あ~、もうそこでトレイルは終わりなんだ。
視界が急に開けたと思ったら、そこがゴール地点の大門でした。
DSC_0448_convert_20140502134559.jpg

最初、道を間違えたのを含めて走った距離は19kmほど
掛かった時間は約3時間。
競争ではないですが、到着は10番目だそうです。

主催者さんが記念に写真を撮ってくれて、そこで終了!



をっさんより前に到着した人達は、すでに帰っておられているようで、到着次第解散ということでした。


折角ここまで来たんだからと思い、大門をくぐって見物に行きました。
汗冷えして寒かったけど、一度は見たいと思っていたところ
DSC_0449_convert_20140502134623.jpg
すごく立派で綺麗でした
他にも見たいところはあったんだけど、寒さに耐えられず断念しました。



天気が良くて足もとが悪くなければ、極楽橋駅まで走るのもありかなって考えていたけど、
この雪の中を戻っていくほどの根性はありませんでした(笑)

仕方なくバスとケーブルで下りることを選択。
バスは良かったんだけど、ケーブルを待っているホームが下からの風が強くて一気に体温が奪われて辛かった。
DSC_0456_convert_20140502134649.jpg


をっさん、一応寒さ対策してきてこれだけ寒いんだから、薄着で参加されていた人はどうなったんだろうかと...


はじめて山の怖さを感じました。
夏ならともかく、春先や晩秋には寒さ対策は必要ですね。



今回は、いろいろ予想外のことがありましたが、終わってみればやっぱり楽しかった!
欲を言えば、もっとトレイルが多ければ良かったんだけど...


最後にをっさんのアップ画像
IMG_20140406_222602_convert_20140502134710.jpg
カラーだとキモイので白黒で(笑)



おしまい...




いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

[edit]

歩いて歩いて歩いて歩いて、チョット走って 


まいど



をっさんなかなか更新しないから、また(和歌山の人に)死んだと思われているかもしらんけど、まだ死んでません(笑)

相変わらず仕事が...
4月も終わろうかというのに、今月走ったのは高野山だけ。ヤバイ...



で、つづき


気を取り直してって言っても、そう簡単には取り直せないんだな、これが...
せめてゴールの高野山が見えていたら「あそこまで!」って感じなんだろうけど、いったいこの先どれくらい走ればいいのか分からないってのは、すんごい辛い。

距離表示なんて無いし...


ま、でも走るしかないからとりあえず走ってみる。




DSC_0423_convert_20140424142948.jpg
前を走ってる人は、一緒に間違えた人のうちの一人。
たんたんと走ってはります。

とりあえず見失わないようについて行くことに...



坂を上ったと思ったら今度は下り。しかも急坂で長いんです。
ほぼ歩くようなスピードでしか下っていけなくて、少しでもスピード出すとすぐに膝が逝っちゃいます。

DSC_0424_convert_20140424143102.jpg


をっさん、あんまり遅いもんだから、ず~っと後を走っていた人達に追い越されてしもた(笑)
ポニーちゃんも炸裂できなかったよ。 まだまだ修行が足りません...



下りきったところに橋がかかっていて、きれいな川が流れていました。
DSC_0425_convert_20140424143147.jpg
ん~... これが三途の川か...

ちがうがな! いくら疲れているとはいえ、まだそこまで死に掛けてません。




ちょっと一息つけたと思って、橋を渡り終えた瞬間、発した言葉は「ウソやろ?」

だってこれ、写真で分からないかもしれないけど、エゲツナイくらい急坂でとても走って行けない...

DSC_0426_convert_20140424143215.jpg
歩いて上ってもなかなか前に進んでる感じがしなくて、ケツが お尻がピクピクしてきよるがな...


でも、をっさん気付いたけど、歩いて上るの速いんちゃう?
だって、下りで追い越された人、みんな歩きで追い越しちゃったから...


いやいや、そんな訳ないわな。
みなさん上りで体力温存して、走れる所でまた追い越されるんやろう。



ま、今日は、そんなことはどうでもいいや。だってレースじゃないんだから。




しかし、かなり下ったおかげで上りの長いこと長いこと。
いくら上ってもなかなか下りが出てこないよ...

なので、走れるところなんてほぼ無し、あっても数十メートルで、感覚的には

歩いて歩いて歩いて歩いて、チョット走って
歩いて歩いて歩いて歩いて、チョット走って
歩いて歩いて歩いて歩いて、チョット走って...










いんじゃ~~~~!!


おかげでだいぶん上らされた。
DSC_0427_convert_20140424143245.jpg
もう、この時点で一人旅状態。
不安さ満開で、聞こえるのは鳥のさえずりと風の音だけ...

ワシ、なんでこんなとこ一人で淋しく走ってんねやろ? みんなで楽しく「エライわ~ 辛いわ~」って言いながら走るのを想像してたのに...



苦あれば楽ありで、時にはこんな所も走れて気持ちよかった。
DSC_0428_convert_20140424143313.jpg

たぶん、距離的には半分くらいのところでしょうか。

あぁ~
どうかこの先ず~っと こんな道が続きますように...




またつづきます。




いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


[edit]

スタートしたのはいいけれど、まさか... 


まいど



久し振りにブログだ。
仕事のほうがなかなか落ち着かず、てんてこ舞いの毎日で、曜日の感覚がなくなりつつあります。

前回の生駒を走ったことの記憶が薄れてきたんで、パスすることにして



4月6日
ほんちょこトレイル高野山


朝4:30に起きて準備し、6時に家を出た。
電車で行くより車で行くほうが早いから、集合場所の近くの無料の駐車場へ向かう。

駐車場に7時過ぎに到着したので1時間ほど仮眠した。
受付は8時半、15分前になり集合場所へ向かった。


が、誰もおらん...


あれれ? 間違えたのか?


もう一度案内状を確認し、学文路(かむろ)駅前の集会所って書いてる。
辺りを見回し集会所らしきものを探すが見あたらない...


駅の改札まで行ってみると、駅の反対側にそれらしき人がいっぱいおるがな。
アカン、をっさん反対側やん!
線路の向こうに行かんとあかんけど、陸橋無いし、どっから渡ればええんやろって
グーグルマップ見てたら、すぐ横に踏切りあってホッとした。


早速受け付けを済まし、参加賞の大師もち2個、柿の葉すし3個、お茶1本を頂いた。
これは途中で景色のいい所で食べようと、リュックの中へ。



この日は、とても寒くて気温が6度くらい。

前日に気温を調べていて、最高気温は11度くらいまであがるがそれは麓のことで、
高野山では最高気温が1度~2度ってなっていた。


寒さに弱いをっさんは、長袖のジャージと雨具兼防寒ジャケットを用意していたので、
リュックは結構一杯で、水も1リットル背負っていたから、かなりの重量になっていた。


他の人たちをみると結構薄着なんですよね~。

一番軽装の人は、短パンに長Tシャツで荷物はウエストポーチのみです。
そんな人が5~6人、をっさんは装備もち過ぎか?
でも、本当に1度や2度の気温なら、いくら走ってるとはいえ耐えられないのでそのまま背負って走る事にした。


自己紹介もなく、先導者もおらず、渡された地図を頼りに走ってくださいとのこと。


「地図は必ず手に持つなり、首からぶら下げるなどして確認しながら走らないと迷いますので...コースミスも含めて楽しんでください!」だって(笑)


事前に渡されていた地図
DSC_0417_convert_20140410164448.jpg

(赤い字は自分で目印を書きこんだ)



ほどなくスタート!

小心者のをっさんは、誰かをつかまえて「一緒に走りましょう」とか言えないので、最後尾を黙々と走る。
10分も走らないうちに集団が二手に分かれた。

真っ直ぐ行く道と、左に行く道。


地図で確かめようと見るが、小さすぎて分かりづらい...


左に行く人が若干多かったので、をっさんも左に。
「まぁ、間違っているとしても、たぶんこの先で合流するだろうから大丈夫でしょう」
てな会話が聞こえてきた。


その人たちのことは良く知らないが、をっさんより経験がある人たちだろうから大丈夫だろうって思った。


かなり上ってきて、桜が綺麗に咲いてました。
DSC_0420_convert_20140410164722.jpg

DSC_0421_convert_20140410165206.jpg

DSC_0422_convert_20140410165511.jpg



走れども走れども次の目印っぽい場所に辿り着かず、コースミスのような感じがしてきた。
先を行く人は、大丈夫大丈夫みたいな事を言ってるので、付いて行ってみるがどうも怪しくなってきた。



地図を何度も見直して、やっと気付いた。
上ってはいるものの、紀ノ川がずっと見えてる。

本来なら紀ノ川を後に、遠ざかっていかんとあかんのに、どうも紀ノ川に沿って走ってる感じ。


戻ったほうが良さそうやって事で、先を走ってる人に声を掛け戻ることになった。


結構上ってきたんで、戻りは下るいっぽう。
楽に感じるけど、かなり脚に負担かかってます。


結局、ほぼスタート地点付近(最初に二手に分かれた場所)まで戻ってきた。
要した時間は45分。


また最初からやり直しになってもうた。




なんてこった!
これから高野山へ上るっていうのに、アップ代わりじゃないけど、45分も坂道を上ったり下ったりって...

肉体的にもそうですが、より精神的に疲れがドッと感じた。

「あぁ、今からスタートなんか~...」




つづきます




いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。